現行通貨の古銭を高く買い取ってもらうための工夫
古銭の中でも現行通貨の古銭は希少性が低いことから査定額も低くなる傾向があります。製造過程で生じたエラー通貨のような特殊な物は高額で売買されますが、通貨として普通に使える古銭は発行枚数が少ない年度の物でも額面よりはるかに高額な査定額が付くのは稀です。古銭によっては額面と殆ど変わらない査定結果になることもあるため、現行通貨の古銭を高く買い取ってもらうためには特殊な状態になっている物を優先して扱うのが無難になります。発行枚数が少ない年度の古銭は一度でも使うと価値が大きく下がってしまいます。誤って使用するのを防ぐため、別に保管しておくのが価値を下げない工夫です。また、手垢や空気中の湿気による傷みも価値の下落に繋がるので、乾燥した暗所に置いて素手では触らないように気を配ります。オリンピックなどの行事を記念して発行された記念通貨は発行枚数が少ないものの希少性は低い傾向があります。現行通貨として使える他、発行年度が一般的な古銭と比べて新しいのが希少性の低さの原因です。複数枚を一つに纏めた記念コインのセットであれば高い査定値が付くことがあるので、バラにして使わないように注意します。